シュア島古戦場跡

最終更新:2009-03-09 (月) 09:35:13
MAPDATA
despire.gif
まえがき
キャッスルE3
キープ候補地C6, C7, D7, F7
キーポイント●オベリスクの展開を迅速に(特にF7キープ時)
●南は特にG/Hラインを意識し崖を使おう(北東キープ時)
●中央崖上はキマイラが来るので要注意。
C6キープ時の北側建築例です。

キープ位置考察

北東と南東の2通り。現状は北東主流。

  • 北東候補1はC6崖上ポップ
    c6.gif
    • C6崖下にキープ、出現場所は崖上になる位置。南(G5〜H6付近)を重視します。
      キプクリが遠くなっても進軍スピード上げたい場合。
      キプクリが遠くなり展開が遅れるように感じるが、北のオベ展開はC7よりも有利。
      • 高所からの攻撃を利用したり、連携したりといった総合的な軍団力が必要です。
      • 北のオベ展開によっては攻撃側の領域勝ちも可能です。
      • 中央細道からFBキマに注意が必要です。
         
  • 北東候補2はC7
    • C7クリやや西がポピュラー。南(G5〜H6付近)を重視します。
      防衛側が建築失敗しない限り、北のオベ展開で勝つのは難しい。南重視のキープ。
      • 高所からの攻撃を利用したり、連携したりといった総合的な軍団力が必要です。
      • しっかりオベ展開し合うと、序盤は若干防衛側が領域有利となります。
         
  • 南東候補はF7(F6との境)
    • F6クリの少し右上(高台)に建て、北を重視します。
      • 序盤から北をゴリ押しする必要があり、「押す歩兵力」「レイス&ナイトを出す召喚スピード」が必要です。

攻撃側の場合

北東キープ時

  • 戦力配分
    北2、南8程度の割合が良いかもしれません。
    相手側も最初から「北完全支配は諦め」るケースが多くなるので、
    • 北は、[B:3]細道を突破されない程度の要員を配置。
      迎撃・弾幕に優れたクラス中心に置きます。
      無事要塞を築けたら、多少人を減らしても良いでしょう。
    • 南はそれ以外の多勢を。前線を押し上げる力が必要です。
       
  • オベリスク・建築物展開
    des_obe_c7_off.jpg
    • 北は最初の陣取りが重要
      • 北は戦線が動きにくい分、開幕でのオベ展開巧拙によって領域数%の差が終盤まで響きます。
      • 右図(攻撃側だけのターン!)はあくまで理想形ですが、なるべく近い位置へ早急に立てます。
      • [B:3]坂にブルワーク建設した場合も、防衛側からは乗り越えられるので特攻に注意。
         
  • 南は3本建ったらAT要塞化も
    • 2本目(No.3)は崖上に建設。守る負担が減ります。
       
    • 3本目(No.6)の後はAT建設を優先し、主戦場([G:6]〜[G:7])付近中心に要塞化します。
       
    • 激戦ポイント([G:6]〜[H:7])へのオベ建設判断は慎重に
      安定確保できそうなら建設、という程度で良いかも。
    • 同様に、[D:5]南東のくぼみへの建設も状況次第。
      2本目(No.3)と北のオベ位置が良ければ、無くてもそう変わりません。
    • 崖上[H:8]は上に登られると味方も守りにくい。むしろ崖下(No.9)の方が良いでしょう。
    • ウォークラフトは攻撃的に、[F:6]高台付近が良いでしょう。
      [F:6]から出撃できる位戦線が安定しないと、ジャイアントを出しても効果が薄いということです。
    • [E:5]付近に壁を建てる事で、崖上守備の負担が減ります。
       
  • 戦線
    des_obe1_c7.jpg
      • [B:3]細道での牽制戦となります。
      • [B:3]より先に押し込んでもあまり益はありません。
        カウンターを受けやすく保持も困難なので、優勢でも「オベ折りゲリラ」にとどめて深追い禁物。
        [sad] ブルワークで完全に封鎖すると、基本的には東→西へは侵入できず、西→東へは侵入可能という点に注意。
        (封鎖の仕方によっては崖のぼり等で行き来が可能になることも。)
        壁を建てたから安心とばかり、攻撃側が安易に人数を減らしすぎると、防衛側が壁を乗り越えてきて侵入、オベリスクを破壊しつくされるという事態を招く恐れがあります。
        最低限度の人数は北に配置しておきたいところです。
        また、防衛側としては破壊されない無敵の壁が出来上がることになるので、北を完全無人にして南に全戦力を投入できるというメリットを与えることにもなります。
        攻撃側からブルワークを建てる場合はそのあたりも少し考慮に入れて建てるとよいでしょう。
         
 
    • [G:5]〜[H:7]付近が最激戦地点で、ここの戦況で勝敗が決まるといっても過言ではありません。 [F:5]〜[F:6]付近は少人数にし、こちらに人数を掛けます。
    • [F:6]クリスタルを余裕を持って確保し、[G:6]高台から地形有利の攻撃を継続できれば有利となります。この地点南にAT要塞を築ければベスト。
    • [E:5]高台付近は両軍キマイラの通り道です。中盤以降はここに味方が全く居ない状況を作らないように。
       

南東キープ時

  • 戦力配分
    北7、南3程度の割合が良いかもしれません。
    F7キープだと、防衛側は「北完全支配」を狙ってきます。これを許すと領域負けが必至です。
    • 北は、こちらも完全支配を狙う布陣で。失った歩兵を常に補充し続ける必要があります。
    • 南は僻地戦を得意とするクラスを。広い範囲で小競り合い・建築破壊合戦があります。
       
  • オベリスク・建築物展開
    • 2本目(No.5)はE6を上り、断崖に付けて建てます。3本目を狙い易くするため。
       
      despire_obe1.jpg
       
    • 北のオベは3本目が非常に重要で、建てる人は状況判断力も必要です。
       
    • 歩兵で確実に押せているようなら、【E】の位置へ。
      • 敵が【B】にオベを建てていなければ、必ず建てられる位置があります。
         
    • 歩兵が均衡なら、安全に【D】の位置へ。水際に建ちます。
       
    • 山頂で押せていないか、クリ調達が遅れ目なら、【C】の位置へ。
      • ひとまずB5坂を領域内に収められ、敵AT要塞を阻止できます。
         
  • 戦線
      • 北までの距離は若干防衛側が優勢。
        乗り込んで来た攻撃側を、防衛側が崖上から迎え撃つというケースが多くなるかと思います。
      • 地形が不利なB5付近に留まらず、C4の高台やAラインを目指して進む必要があります。
      • いったんB6まで押されると、押し返すのは相当苦しくなります。
        そうならぬよう、歩兵を常に補充し続ける必要があります。
      • 開幕から即レイス&ナイトを揃え、少なくとも北の領域半数は確保できるまで押し続けます
         
    • E5付近はキマイラの通り道です。中盤以降はここに味方が居ない状況を作らないように。
    • 僻地戦はG〜Hライン。ここで支配領域の差が出やすくなります。
    • 北が押せないなら南を押すしかありません。ジャイアント等を使い、建築物破壊と最南からの押し上げを狙います。
       

防衛側の場合

北東キープ時

  • 戦力配分
    北1、南9程度の割合が良いかもしれません。
    • 北は[B:3]細道の守備要員を配置。迎撃・弾幕要員を多めに置きます。
    • 南はそれ以外の主力を。前線を押し上げる力が必要です。
       
  • オベリスク・建築物展開
    des_obe_c7_def.jpg
    • 北は最初の陣取りが重要
      • 北は戦線が動きにくい分、開幕でのオベ展開巧拙によって領域数%の差が終盤まで響きます。
      • 右図(防衛側だけのターン!)はあくまで理想形ですが、なるべく近い位置へ早急に立てます。
      • 1本目(No.2)は、2本目(No.4)の位置から逆算して直線上(城の北北東)に建設。こうすることで2本目を極限まで前に置けます。
      • [E:4]への建設は状況次第。他のオベ位置が良ければ、無くても領域はそう変わりません。
        その上、意外と守るのに苦労するオベです。
         
  • 南は3本目位置が状況次第
    • 1〜2本目(No.3、5)は崖に沿って建設。
    • 3本目(No.8)は戦線次第ですが、敵歩兵が一方的に攻撃できてしまう位置はなるべく避けて建設。
      但し、[G:6]からの敵ジャイアント砲撃リスクは必要以上に恐れない。何処へ建てても[G:6]からは狙われてしまいますので。
       
  • 戦線
    des_obe1_c7.jpg
      • [B:3]細道での牽制戦となります。
      • 北に進軍しても長期保持は困難なので、優勢でも「オベ折りゲリラ」にとどめて深追いは禁物。
      • [B:3]坂にブルワークが建設された場合、壁を越えると元に戻れない事が多いので注意。
         
    • [G:5]〜[H:7]付近が最激戦地点で、ここの戦況で勝敗が決まるといっても過言ではありません。 [F:5]〜[F:6]付近は少人数にし、こちらに人数を掛けます。
    • [G:6]高台からの敵攻撃/降下には要注意。
    • [E:5]高台付近は両軍キマイラの通り道。城からは近いものの周り込まないと辿り着けないため、キマイラに限らず敵に攻められると意外に脆い地点。
      ぽっかり誰も居ない状況を作らないように。
    • 地上から折り難い箇所にオベリスクが建つ事も多いため、崖登りの予習やジャイアントの運用がほぼ必須です。
       

南東キープ時

  • 戦力配分
    攻撃側と同じです。
    相手も全力で北突破を目指すので、たとえB6まで押し込んでも、その後戦力を減らすのはオススメできません。
     
  • オベリスク展開
    • 1〜2本目は画像の通りで、不変の定石と言っても過言ではありません。
      • 1本目(No.2)は必ず崖下窪みから、崖上を向いて建てます。絶対にCastleの真北に建てないこと!!
        (Castle直上は一切メリットがない上に、その後の北および中央のオベ展開に多大な影響を与えます)
      • また、間違っても南のオベや、いつでも置ける後方オベを優先しないように。
         
        despire_obe1.jpg
         
    • 北のオベは3本目が非常に重要で、建てる人は状況判断力も必要です。
    • 3本目のオベ建てを早くする為、1〜2番目にオベクリ15個を調達した人が3本目のオベ建てへ走ること。
      またその旨宣言して走るとなお良いです。
       
    • 山頂で押せているようなら、【B】の位置へ。
      • 1本目のオベ(No.2)しか建っていなくても、位置によってはショートカットで【B】へ建てられます。
      • 敵が【E】にオベを建てていなければ、必ず建てられる位置があります(図のやや西、断崖傍)
         
    • 山頂で押せていないか、クリ調達が遅れ目なら、【A】の位置へ。
      • B5坂を極力領域内に収めたいところ。また、上から撃たれない程度に断崖から離したいところ。
      • 間違っても崖上に建ててはいけません!(折られやすいため) そんなことをするくらいなら【B】に建ててください。
         
  • 戦線
      • 北までの距離は若干防衛側が優勢。
        展開が上手く行けば、乗り込んで来た攻撃側を、崖上有利地形から迎え撃てます。
        敵をC4の高台やAラインに抜けさせぬよう、AT等も利用して迎撃します。
      • いったんB3〜B4まで押されると、押し返すのは苦しくなります。
        そうならぬよう、歩兵を常に補充し続ける必要があります。
         

  • 攻撃側と同じです。
     

このMAPのお得情報

  • 各所に登れる崖があります。以下は覚えておきたい崖のぼりを抜粋。
    • E6。1ジャンプ。
    • C3。1ジャンプ。
    • H7。ひっかけ2ジャンプ。
    • F8。ひっかけ2ジャンプ。

E3断崖にブルワークで崖登り

  • E3-E4の断崖(崖下)にブルワークを建て、スカフォードを足場にすると、E4へ崖登り出来ます
    • 防衛時、E4崖上へのショートカットに利用可能。
      • 北側の木(少し低いほう)の真上か、南北に一歩分ずれた位置に建築。崖上オベの攻防やFBキマへ駆けつけるのが早くなる。
         
        20090307_Vsc2.jpg
        20090307_Vsc1.jpg
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
20090227_V3.JPG
 
 
 
  • V字内周の確保
    • C6キープの場合、V字内周(別名キマ道)も重要になってきます。
    • 特にF6坂を壁により封鎖されると、領域だけでなく、FBキマ、ジャイ強襲と一方的に不利になってしまいます。
      • 坂にスカフォを並べておく。手軽で効果大。
      • 坂にATを置く。坂途中の白い木を目印にすると良いでしょう。
      • 封鎖されても、スカフォを建築することで歩兵は1ジャンプで登れます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20090227_V1.JPG
20090227_V2.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  • ジャイの外周への経路<E7>
    • ジャイの砲撃ポイントは主に内周崖上と外周になります。内周から外周へ移動する場合は<E7>から登ることが出来ます。
      • 右図の,泙琶發い騰△悒献礇鵐
        20090307_vjyai2.jpg
        20090307_Vjyai1.jpg
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         

コメント

お名前:
  • クリ横の水路脇じゃだめで崖登り必須なC3崖上推奨な訳を教えてくれ。ネズミに入られやすいのは水路じゃなくてキプ南西側に立てた場合だよね? -- 2008-04-28 (月) 03:57:49
  • 崖登りできる人がいればいいだけの話 結構簡単で2箇所あるから練習おすすめ -- 2008-04-21 (月) 00:50:53
  • 門の建設場所、C3崖上はネズミ対処できないよ。C2水路でも建てられる場所があるので、クリ前がベスト。 -- 2008-03-29 (土) 19:02:01

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照


Copyright (C) 2005, 2006 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.


添付ファイル: file20090307_Vsc2.jpg 341件 [詳細] file20090307_Vsc1.jpg 310件 [詳細] file20090307_vjyai2.jpg 298件 [詳細] file20090307_Vjyai1.jpg 441件 [詳細] file20090227_V3.JPG 427件 [詳細] file20090227_V2.JPG 494件 [詳細] file20090227_V1.JPG 535件 [詳細] filesure_keep.jpg 94件 [詳細] filesure.gif 116件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-03-09 (月) 09:35:13 (4585d)