Φ字(C6キープ)

最終更新:2010-09-28 (火) 12:34:29
MAPDATA
0402_Cla.gifまえがき東西中央3箇所で戦線が形成され、
各所への戦力配分の的確性が求められる。
中央ルートからのキマイラには要注意!
東西の劣勢報告を迅速に!各自が適切な対応を心がけろ!
キャッスルC6
キープ候補地E3, G4
キーポイント●カウンターが頻発するため、オベリスク展開は慎重に
●ジャイアント召喚のタイミングを見極めろ!

概要

  • 東西中央への人数配分がカギを握る
    カウンターが頻発するため、マップ、ログを確認し、劣勢側へ行く、劣勢になりそうな側へ行くよう心掛ける。
    中央方向は最も人数を減らすべき戦地だが、最低限の領域は稼いでおかないと主戦場の東西で無理を強いられる。
    キマイラ襲撃の恐れがあるため、警戒ナイトは必須
 
  • 弓スカウトの"質"が問われる
    平地が多い地形で、長距離射程を持つ弓スカウトが最も動き易い。
    カウンターが頻発するマップのため、状況に合わせたスキル選択が必要となる。
    弓スカウトは積極的に参戦し、スキルアップを図って欲しい。
 
  • 領域は防衛有利
    カウンターを受けた際の防衛ラインは、南東/北西の平地に設置された自軍AT群と自軍側の坂。
    東西共に自軍側の坂の上のオベリスクは死守しなければならない。
    オベリスク展開終了時点での領域は5〜7%ほど防衛側が有利
 
  • ジャイアント運用
    • 大型召喚に同行させる
      レイスやキマイラに同行させることでカウンターの威力が増すだけでなく、
      味方歩兵も前線維持に注力でき、加えて敵ナイトのターゲット分散にも効果が期待できる。
    • カウンターに備える
      本マップは主戦場までの距離が遠いため、味方が押し始めてからジャイアントを準備しても、
      到着する頃にはカウンターを貰い、何もできずに撤退せざるを得ない場合が多い。
      自軍がカウンターを受けて撤退し始めたら準備を始め、敵軍の勢いが止まったらいつでも召喚できるよう備えておきたい。
 

キープ位置考察

20090408TypeJ-1KP.JPG

  • 候補1は E3橋の北側
    写真の西寄り以外にも、東ショートカットを狙った東寄りもありです。
    • Map東西中央へバランスよく向かえます。
    • 西(キープ傍クリスタル方面)か、南(Map東へのアクセス重視)に向けて建てるとよいでしょう。
    • F3クリ側は過去のもの
      F3クリ側キープは現在でも頻繁に見かけますがE3と比較してメリットはほとんどありません。
  • 西への1本目のオベリスクが、自軍側の坂の上に設置できるようにする。
  • F3南側にメリットなし
    • 後ろに下げてもFBキマイラは防げない
    • 東西主戦場への距離が長くなり、領域・クリスタル確保が難しくなる。
    • 中央領域を奪われやすく、逆にFBの危険性が高まる。
    • 西側へのオベリスク展開にも悪影響。
       

file20090728TypeJ-G4KP.bmp

  • 候補2は G4
    • キープ位置が東寄りのため、H6オベを置きやすい。
    • 西側主戦場の最前線となるオベはE2の崖上に設置でき、比較的守りやすい。
    • 西、中央の前線が若干遠くなり、防衛ラインとなる坂を突破されると苦しいが、
      カウンターが頻発する本マップの特徴を考慮すると、候補地の一つになり得る。
       

E3キープ

攻撃側の場合

  • オベリスク展開
    20100720_Jof1.jpg20100720_Jof2.jpg
    初動展開展開完成例
    &color(red){赤丸オベ}は状況次第。
    • 以前頻繁に行われたショートカットはデメリットも大きくなっています
      初動でF4オベを建てるは控えましょう。中央が落ち着いてからでも間に合います。
      • 初動で建ててしまうとアラートレベルが上がってしまう。
      • 中央へのジャイ派遣に弱い。
      • 中央攻めに弱い。
    • 東西のオベは坂上までが基本。
      その先のオベはカウンターで折られることも多いため、よくよく全体の状況を見て。
      通常、エクリプスを使い切れれば領域勝ちできます。
       
  • 戦術
    • 領域は攻撃不利
      • 攻撃・防衛側が互いに自軍側坂の上までオベリスク展開した場合、5〜7%ほどの領域差が付く。
        カウンターに合わせてジャイアントを出し、防衛側のB4,D8に建築されたオベリスクを積極的に狙っていきたい。
         
    • 南東、北西の平地が主戦場
      • 領域の広い南東、北西に兵力を傾ける。
 
  • 最終防衛ラインは自軍側の坂(D2,G5)
    • G4クリスタルは死守
      東側が坂の上まで押されると安定したクリスタル供給が難しくなり、領域負けに加えて召喚負けで一気に苦しくなる。
       
  • 主戦場の展開
    • 優勢の場合
      C2,G7クリスタルが退避所になるよう、その前方をAT要塞化したい。
      敵陣側の坂付近まで押し込んだら、3名程敵ATの伐採と自軍エク/AT展開に回り、カウンターに備える。
       
      D1,G6へのオベリスク展開
      大きなカウンターが頻発するため安全志向のオベリスク展開が好まれるが、
      攻撃側の領域不利を挽回するためにはD1,G6オベリスクが必要との意見もある。
      建築の際は、AT展開や召喚、反対側の戦況等を含めた状況判断が必要となる。
       
    • 劣勢の場合
      前述の通り、最終防衛ラインは自軍側の坂であり、坂の上での防衛を前提としたAT展開は望ましくない。
      安易に坂の上にATを建てずにカウンターを待ち、なるべく坂の下の平地にAT展開するよう心がけたい。
       
  • カウンターへの対策
    • 戦力の偏りから、カウンターが発生しやすいマップ。
    • 死に戻りはログを確認し、劣勢になりそうな方向へ移動する。
    • オベリスク展開は優勢でも控えめに。カウンターで折られれば赤字となる。
    • オベリスクを折ったら戻る、自軍ATで維持する、などカウンターを押さえる動きが必要。
    • ジャイアントを伴ったカウンターは威力大!
 

防衛側の場合

  • オベリスク展開
    20100720_Jdf1.jpg20100720_Jdf2.jpg
    初動展開展開完成例
    &color(red){赤丸オベ}は状況次第。
  • 以前頻繁に行われたショートカットはデメリットも大きくなっています
    初動でD5オベを建てるは控えましょう。中央が落ち着いてからでも間に合います。
    • 初動で建ててしまうとアラートレベルが上がってしまう。
    • 中央へのジャイ派遣に弱い。
    • 中央攻めに弱い。
  • 東西のオベは坂上までが基本。
    その先のオベはカウンターで折られることも多いため、よくよく全体の状況を見て。
    通常、エクリプスを使い切れれば領域勝ちできます。
  • 戦術
    • 領域は防衛有利
      • 領域は7%ほど防衛有利のため、自陣側のオベリスクを守りきれば領域勝ちは濃厚。
        敵ジャイアントに対処できるよう、召喚を充実させたい
         
  • 南東、北西の平地が主戦場
    • 領域の広い南東、北西が主戦場。
       
  • 最終防衛ラインは自軍側の坂(B4,E7)
    • 領域有利な防衛は、自軍側の坂の上のオベリスクを守りきることが重要となる。
      ATと坂を利用し、カウンターを確実に食い止めたい。
       
  • 主戦場の展開
    • 優勢の場合
      自軍側の坂より先はエクリプスで領域を取る。
      ※オベリスク展開は判断が難しいため、慎重に行うこと。
       
      C2,G7クリスタルが退避所になるよう、その前方をAT要塞化したい。
      敵陣側の坂付近まで押し込んだら、3名程敵ATの伐採と自軍エク/AT展開に回り、カウンターに備える。
 
  • 劣勢の場合
    前述の通り、最終防衛ラインは自軍側の坂であり、坂の上での防衛を前提としたAT展開は望ましくない。
    安易に坂の上にATを建てずにカウンターを待ち、なるべく坂の下の平地にAT展開するよう心がけたい。
     
  • カウンターへの対策
    • 戦力の偏りから、カウンターが発生しやすいマップ。
    • 死に戻りはログを確認し、劣勢になりそうな方向へ移動する。
    • オベリスク展開は優勢でも控えめに。カウンターで折られれば赤字となる。
    • オベリスクを折ったら戻る、自軍ATで維持する、などカウンターを押さえる動きが必要。
    • ジャイアントを伴ったカウンターは威力大!

中央領域

  • 基本意識
    • 中央は副戦場
      • 目的は領域の維持とクリスタルの確保であり、決してハイスコアを出すことではない
        中央に人数を割けば、それだけ東西の主戦場に負担が掛かることを忘れてはならない。
      • 開幕で中央を押し込んでも門もオベリスクも建っておらず、攻める意味は全くない。
        中盤以降にコスト調整を兼ねて領域の維持と強気オベの伐採をするくらいの意識で良い。
        その場合に奇襲的なジャイは非常に有効。
         
  • 展開
    • オベリスク展開は後回し
      • オベリスクは自陣側の坂の上であっても、ネズミやカウンターで折られてしまう危険が大きい。
        中央領域の確保は裏埋めが終わってからで良い。
    • 自陣側の坂より先はエクリプス
      • 中央でエクリプスを使いすぎると、主戦場の領域確保やAT展開に支障が出る。
        中央には最大で2本までとし、それ以上の領域を確保する余裕があるならば主戦場に戦力を投入する。
    • ATは不要
      • 中央にATを使い過ぎてしまうと主戦場でATが足りなくなり、カウンターの歯止めが効かなくなる。
        しかし、敵の侵攻がきつければ数本建てることで緩和できることも多い。
    • 安易な壁封鎖は逆効果
      20100720_Jcenter.jpg
      F4,D4オベは簡単に砲撃される。
      • 壁によるデメリット
        1)クリスタル消費が60〜90個と多く、召喚負けに陥りやすい。
          ※防衛側の坂の下への2枚壁は、スカフォードで超えられてしまうので注意。
        2)中央領域(エク2本分として4.2%)を明け渡すことになる。
        3)中央クリスタルを明け渡すことになる。
        4)F4,D4オベがジャイ砲撃されやすくなる。
      • キマイラ対策には警戒ナイト推奨。ジャイアントの砲撃も防止できる。
      • 壁封鎖は[▲ベ、AT展開が完了していて、▲リスタルが飽和している場合に、E┠海凌堯構成を考慮して行うこと。
         

このマップのお得情報


お名前:
  • KP位置について一部コメントアウトしております。 -- 政治家RP? 2009-07-29 (水) 16:55:20
  • このページの展開解説(オベシミュ)は素晴らしい。職人GJ。 -- 2009-03-24 (火) 20:32:03

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照


Copyright (C) 2005, 2006 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.


添付ファイル: file20100720_Jof2.jpg 561件 [詳細] file20100720_Jof1.jpg 413件 [詳細] file20100720_Jdf2.jpg 473件 [詳細] file20100720_Jdf1.jpg 330件 [詳細] file20100720_Jcenter.jpg 320件 [詳細] file20090728TypeJ-G4KP.bmp 859件 [詳細] file20090728TypeJ-F3KP.bmp 372件 [詳細] file20090408TypeJ-1KP.JPG 282件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-09-28 (火) 12:34:29 (4013d)